サイトアイコン 慈優株式会社

コンテンツ制作をしませんか?

スマホの普及に伴い、YouTubeやSNSユーザーが増加し、近年ではインターネットを使用した動画コンテンツ市場は年々成長を遂げています。

動画広告はターゲットへの訴求率が高いだけでなく、ユーザーの反応が高いマーケティング方法として、シェア率が上がっています。

また、動画コンテンツは業種を問わずどんな方でも制作が可能です。

「これから、導入してみたいけど効果はあるの?」

「どんな目的で作ったらいいかわからない」

そこで、今回の記事では動画広告の3つの目的についてご紹介します。

1 認知拡大

⇨商品・サービスの認知をより簡単に、より早く高めることができます。

2 ブランディング

⇨商品・サービスだけでなく、自社の持つ世界観を表現することでブランディングにつながります。

3 購入促進

⇨更なる販売の促進を後押しすることができます。

時代はYouTube

YouTubeの動画広告は様々なターゲティング方法を選択して、設定することができるので的確にターゲット層へとアプローチすることができます。

まとめ

宣伝広告に動画コンテンツを挿入することで、簡単に認知拡大やブランディング、購入促進ができます。さらに、YouTubeは独自のアルゴリズムに則って最適なターゲットへとアプローチをしてくれるので、これから導入は必須になってくるでしょう。

慈優株式会社では、常にニーズを満足させるコンテンツ制作を提案しております。

いつでもお問合せからお気軽にご質問・ご相談をお待ちしております。

モバイルバージョンを終了